ハイブリッド硬化型ガラス樹脂コーティングシステム クリスタルPro-RS

クリスタルバリア Pro-RS
ハイブリッド硬化型ガラスコーティングシステム全色車対応 DreamFactory


■製品特徴
  ●愛車をいつまでも美しく綺麗に輝かせたい・・・その気持ち・ご期待にお答えいたします。
  ●クリスタルバリアPro-RSは、ナノハイブリット技術の発展により今までに無い性能のコーティング剤として
   誕生いたしました。
  ●高硬度・高密着・高密度なガラス樹脂被膜は、耐熱性・耐候性・抗静電性・高撥水性に優れ長期間
   コーティング効果を維持します。
  ●従来のコーティングと違い施工時間の短縮で工場やガレージを占領する事無く施工後すぐに屋外へ移動可能です。
   作業効率が格段に向上致します。※施工後、雨滴・水滴が付いた場合は綺麗に拭き上げて頂ければ問題あり
   ません。 ※理由としては、アルキルシリコンレジン・リグロイン・主成分ケイ素樹脂の配合比率に秘密が有り塗布後
   に速やかに平滑な被膜を形成して指触乾燥が非常に速い事が特徴です。
  ●施工後は、コーティングの特性上撥水基が形成されるため施工後初期は撥水性となります。
   ※施工後3週間でメンテナンス剤が使用可能となります。
  ●超撥水Pro-αは、コーティング剤の長期持続性を付与する撥水性保護剤です。
   ※作業の簡易性と従来のワックスの弱点である光沢持続性、汚れの付着などを改良しました。
   ※コーティング剤成分のガラス樹脂のポリマー成分を配合し汚れを吸着、水での簡単除去を目的としたミクロの
    犠牲被膜を 形成します。
  ●超親水Pro-βは、コーティング剤の長期持続性を付与する親水性保護剤です。
   ※光触媒(酸化チタン)を配合し、防汚機能と分解機能の両方を持ったミクロの犠牲被膜を形成します。
   ※作業の簡易性と、皮膜を親水性にすることで、撥水性の弱点であるウォータースポットを軽減します。
  ●クリスタルバリア Pro-RSの保護被膜は、新車の光沢を長期間維持するのはもちろん、既販車においても下地処理を
   しっかり行って頂ければ新車同様に光沢を維持する事が可能な次世代メソッドです。
  ●コーティング剤とメンテナンス剤をセットにする事でコーティング施工後のメンテナンスもフォロー可能な商品構成です。

 ※商品購入は、下記画像をクリックして頂ければ商品構成詳細ページへ進みます。

 クリスタルPro-RS+Pro-α      クリスタルPro-RS+Pro-β
 ●クリスタルバリア Pro-RS+超撥水Pro-αセット         ●クリスタルバリア Pro-RS+超親水Pro-βセット


■被膜構造


  ●被膜の厚さは、2.5μmとガラス樹脂被膜ならではの厚い被膜で汚れやキズから塗装面を保護いたします。
  ●被膜の厚さからは考えられない高透明度! 従来の樹脂コーティングではオルガノシランの働きで透明感が犠牲と
   なっておりま したが、ナノテクノロジーの発展のおかげで特殊技術の溶剤がケイ素樹脂を素早く塗装面へ高密
   度で定着する為驚くほどの 透明感を実現いたしました。
  ●無機質ガラスコーティングと違いガラス樹脂である為紫外線の透過を抑制する事で退色やコーティングの劣化が
   少なく長期間 光沢を維持いたします。
  ●従来の無機ガラスコーティング剤に多く見られるクラックやイオンデポジットの定着を抑えながらも鉛筆硬度6Hの
   強固な被膜を 形成致します。
  ●※被膜硬度は「JIS K 5600-5-4 引っかき硬度 鉛筆法」に準じ、一般財団法人 日本塗料検査協会にて測定。
  ●また、製品の品質・性能を保ち安心してご使用頂く為に、製品充填時には窒素封入を行い、品質管理の徹底を
   行っております。
  ●施工台数 1台 ※1BOX車が施工できる容量です。


被膜構造イメージ


■耐久性能

  ●耐久性能は、3年となりますが他社製品の様に「ノーメンテナンスで・・・」とは申しません。
   なぜなら、車は汚れて当たり前だからです。基本は水洗い洗車で結構ですがやはり光沢や撥水・親水を維持
   するには メンテナンス剤をお使い頂く必要が御座います。
  ●施工から月1回水洗いのみで3年経過後の光沢度は96で、施工から月1回水洗い後メンテナンス剤使用では
   102となります。 ※テストピースによる試験結果となります。
  ●クリスタルバリア Pro-RSの保護被膜は、新車の光沢を長期間維持するのはもちろん、既販車においても
   下地処理をしっかり 行って頂ければ新車同様に光沢を維持する事が可能な次世代メソッドです。

超耐久3年持続!!
光沢度比較表

  ●※光沢度は「JIS K 5600-4-7 鏡面光沢度」に準じ、一般財団法人 日本塗料検査協会にて測定。

コピーライト